FC2ブログ

夢工房のスタッフブログ





ヨロシクお願いします。 :: 2006/04/07(Fri)

はじめまして!よろしくお願いします。

4/1から「MARUTAKA」に入社した玉利希一といいます。

ここ最近こんな挨拶ばっかしで、この歳(30代中盤)になって
いささかこっぱずかしい感じではありますが、入学式真っ盛り
のこの時期に紛れて、自分自身も新たなスタートをきって勝手
に楽しんでます。
ということで、今日(4/7)で入社1週間!
新参モノですが、このブログをご覧の皆様、今後とも末永く
お付き合いのほどよろしくお願い致します。

************************************:****************
Chapter1
「2006年の抱負!!!」

MARUTAKAがある以上ずっと続くこのブログの「初投稿」ですの
で、気合いを入れて書きたいのですが、もう夜中の2:00!?ヘロ
ヘロなので、取り合えず今年の抱負を書いてみます。

我が家には3歳7ヶ月になる娘がいます。最近いろんな言葉を覚
えては、むやみにおしゃべりをするのですが、少し不思議に思っ
たことがありました。
娘はまだ「あいうえお」をやっと読めるようになっている程度の読
解力にも関わらず、なぜ漢字でしか表現していない言葉をいとも
簡単に話すのだろう?・・・と。
子供は字を読むことができなくても、目と耳と鼻と口と両手、両足
全てを使って全身で吸収したものを独自にアレンジして、表情を
真似てみながら一生懸命におしゃべりをしているようです。それが
間違った表現方法だったとしても、臆することなく精一杯自己を
主張しようと日々努力しています。
たとえば絵本を読んであげると、子供はその絵本の世界に自分の
身を投じ、絵本の中のお友達や動物たちと一緒に遊んでしまいま
す。ここに自分の能力をはるかに超越してしまうヒントがあるので
はないかと。

大人になるとこういった集中力や吸収力などが知らず知らずのう
ちに散漫になり、素直に物事を受け止められなくなって、思う存分
自分を主張することもできなくなるために、飛躍的な成長がなか
なかできないのではないかと最近よく考えさせられてしまいます。

こんなふうに偉そうに分析しちゃったりしてみましたが、子供に教え
られることは本当にたくさんあります。・・・なので今年は、
「絶えず好奇心を持って、枠に囚われないでチャレンジする!」
・・・を目標に、MARUTAKAと共に飛躍的な成長をしてみたいな。
なんて思いました。。。
                    おやすみなさい。。

スポンサーサイト



  1. 仕事
  2. | trackback:0
  3. | comment:0