FC2ブログ

夢工房のスタッフブログ





日本館 :: 2006/12/12(Tue)

今年もはや師走を迎えました411


寒い日が続き、体調をくずしてしまったかたは多いのではないでしょうか?


会社でも社長をはじめ、せきこんでいたり鼻をかんでいる人が多いです。


気をつけなきゃですね351441


先日、購入した雑誌に興味のある記事がございましたので、ご紹介いたします。


ヴェネチアビエンナーレ国際建築展の日本館についてとそれを手がけた藤森照信さんのことがかかれた記事です。


日本館は入り口で靴を脱ぎ、焼杉板に開けられた鼠木戸をくぐって入場するようになっています。


入り口入り口の写真です。


鼠木戸をくぐり、裸足でござの上を歩く先には竹と縄のドームが展示してあります。


1
ドームの写真です。


ドームの中は、床に座ってスライドを鑑賞するようになっています。


3 ドームの内の写真です。


西洋的ではない体の動きによって、建築を体験することになります。


藤森照信さんのコメントより・・・私は建築に多くの自然素材を使用します。すると普通は、


必ずどこかの国の伝統に吸い込まれていくものです。でもそれはどうしても避けたかった。


私の狙いは各国の伝統ができる前の段階まで遡ること。通常、建築家は未来へと向かいますが、


私は建築の歴史を逆に辿ってます。


2 茶室展示の一角の写真です。



建築史の研究をされている藤森照信さんらしいコメントです。


日本館の自然を肌で触れることのでき、ユーモアあふれる展示に是非私も行ってみたいです218


展示会をみにヴェネチアまで行きたいのですが、ちょっと難しいです。


来年の4月には東京オペラシティアートギャラリーにて国展開催が決定したとのことなので、そのときを楽しみにいたします446420


神田 

スポンサーサイト



  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0