FC2ブログ

夢工房のスタッフブログ





お掃除 :: 2007/08/04(Sat)

 こんばんは!!施工管理 中川です。
梅雨も明け、暑い日が続きますね。ギンギラ太陽の中、車移動が多いのですっかり日焼けをしております。(私の腕は以前予測したこんがり焼き色のついたコッペパンを通り越し揚げパン色に向かっております。)

 今日はお部屋のお掃除についてです。
先週、自宅で使っている掃除機がお掃除中に突然プヒュンと大きめの音をたてて止まってしまいました。その後は、スイッチをON/OFFしてみても、コードをいじってみても全くの無反応。。。もしかして壊れちゃったの?信じたくない事態でありましたが、どうやらそのようです。しばらく間をおいたらまた復活するのでは・・・?
 そして、一週間後の今日、期待を込めてスイッチオン!・・・無反応です。ハイ、間違いなく壊れてしまったようです。ショック。。。
 しかし、ここで放心していてもお掃除は進みません。掃除機への未練をすっぱりと断ち切り、前進しなければ!とゆうわけで、これからのお掃除は古(いにしえ)スタイルに決めました。箒で掃き、塵取りで塵を取り、雑巾で拭く。やってみますと、普段掃除機では届かない細かいところに塵が溜まっていたり、雑巾が埃で真っ黒になったり、けっこうお部屋が汚れいることに気がつきました。
 今までは掃除機をかけ、なんとなく掃除をした気になっていましたが惰性になっていて、汚れを落とすとゆう本来の目的にそったものではなくなっていたようです。
 便利なもの、文明の利器を過信し過ぎる傾向に反省を込めつつ、しばらくは古スタイルをベースにいろいろ知恵を絞ってみたいと思っております。早速、今日ひとつの知恵を学びました。↓
 
 ☆暮らしの裏技☆ 
新聞紙を使って畳の掃除 新聞紙を濡らして、ビリビリにちぎります。その新聞紙を畳の上に、散らします。ほうきなどで畳を掃けば、濡れた新聞紙にゴミ・ホコリが吸着されキレイになります。




 なるほど~。来週のお掃除の時に試してみます


                                施工管理 中川 



 
 
スポンサーサイト



  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0