FC2ブログ

夢工房のスタッフブログ





自己嫌悪 :: 2011/03/13(Sun)

金曜日の地震からもう3日目です。
今日は一日娘と家で過ごしました。テレビでは被災地の状況をずっと放送してますね。
本当に地獄の様な光景で、まだ安否のわからない方々もたくさん・・・
被災者の方々の様子をみることしかできないけど、胸が痛みます。

私の家の周りは、ライフラインも影響が無く、いつも通り生活できています。
でもあの地震で神経がピリピリしたまま、ずっと夜も眠れません。

あの時、私は娘の学校のPTAの集まりで学校にいました。
あまりに長く揺れ、だんだん強くなってきて何がなんだかわからなくなって。
誰かが、外に出よう。と言った瞬間、慌てて2階から外へ向かって走り出してしまいました。
玄関を出ると、体育館からも生徒が出ていました。
また揺れが続いていたので、しばらくそこに立ち尽くしていました。
どの位後なのか全くわからないけど、他のお母さんたちも出てきました。
そして、はっとしたんです。
一緒にいたお母さんの中には妊婦さんがいたんです。
彼女はもうひとりに支えられてゆっくり歩いてきました。
その瞬間、わかってしまいました。
私って、自分のことしか考えられない人間なんです。
こんな緊急のときにこそ本性がでるんですね。
人の気持ちを大切にすることができるって自分で思ってたのに、
全く反対でした。

ずっと心の中からこの思いが残ったまま。
一緒にいた人たちに謝りたいけど、そんな問題じゃないなって。

かなり自己嫌悪です。

ちょっとずるいかもしれないけど、つらいので、ここで発散させてもらいます。


本当にごめんなさい。


美雪でした。
スポンサーサイト



  1. 独り言
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

東北地方太平洋沖地震 :: 2011/03/13(Sun)

皆様 こんばんは。
夢工房 施工管理 坂根です。

本日は、今、深刻な被害状況になっている地震の事について。

あの大きな揺れが発生したとき、私は麻生区の現場にいました。
立てない程の揺れが襲い、『これは尋常な揺れじゃない』と思い、職人さんに『外に出よう』と声をかけました。

が、みんな、やはり現場愛着があり、納品されている資材、家具などを倒れないようにするため、揺れが続く中、
全員で資材を寝かして、簡単に掃除までして、自然と手を貸し合う行動に出ました。

外に出て静観している間、家族に連絡をしても誰もつながらず、一抹の不安がよぎってきました。
現場の進捗もあるがここは人命第一として、その場で解散とし、みんな岐路に就きました。

車中で何回かけてもつながらない状態が続き、やっと帰宅すると、家族はとりあえず無事でほっとしました。
高校生の娘だけ、連絡が取れず、何度もメールをしても音信不通。こりゃ、やばいな~と思っていたら、ようやく
返信が。『電車が止まって動かない。歩いて中山駅まで行く』と。車を走らせ迎えに行きました。(大渋滞でした)

家に着くと、ライフラインが全て遮断され、情報がまったく入らない状態になっており、すぐさま懐中電灯と
ラジコンカーのライトと現場用ペンライトを準備し明かりを確保。
電気が止まっているため、携帯の充電が出来ないと判断、無駄に使わないように心がけ、車のラジオに耳を傾けました。
ガスも止まっていたが、『安全装置が働いただけかも?』と予想したら、その通り、リセットボタンを復旧したら
ガスが使えたので、すぐにあるもの食材で夕食の準備。
あいにく、水はタンクで購入しているものがあるため心配はなかったが、どこまで続くか判らない停電、断水に不安がつのりました。
さて、防寒準備や非常食、水、ライトなど一通り準備が済んで落ち着いたので、会社が気になっていたので、
徒歩で(信号が消えていたため、危険だと感じたので徒歩にしました)会社に向かいました。

向かう道中、いつもは明るいお気に入りの遊歩道が、ほんと、見事に真っ暗。どこをみても明かりひとつない街。
まるで、ゴーストタウン、廃墟となった町のようで、益々不安感がつのりました。

ここまで、地震発生から実に5時間が経過しており、その間、会社スタッフとは誰とも連絡がつかず。
みんな、大丈夫か?と自然と早足に。事務所につくと、誰もおらず、どうしたかも判らない状態。

そのまま、帰路に。
駅前の店は全て閉店。駅には帰宅困難の人、人、人。

交差点には、警察官が交通用誘導。違う交差点には、ある進学ゼミナールのスタッフが交通誘導をしている。
私は、家族の安全が確認でき、食事にもありつけ、こうして会社の様子を見に来る余裕がある。
しかし、この方々は、当然家族があり、身内もいてさぞ心配だろうに。しかし、自己犠牲を奮って、街のため、人のため、動いている。どうなるのだろうといった不安もあってか、涙が止まらなかった。
家族の安全が確認できた私こそ、何かしなくてはと思いました。

駅で帰宅困難な人がたくさんいて、異常に冷え込んだ夜、何か出来ること。
そうだ、社長には連絡が取れず了承をもらえないが、いい、開放しよう。出来たばかりのショールームを。
そこで、私の取った行動。

(不幸中の幸いで、帰宅困難な方はいらっしゃらなかったが、このような場合、会社の存在は人命にもつながるのだと思った。会社の存在する意義、意味って業務だけでない社会的責任も兼ね備えなければいけないのだと改めて痛感しました。)

それは、普段、暇つぶしでしょ?と妻に苦言を浴びせられている ツイッターを活用。フォロワーさんはまだ200人程だが、私の一言が一度に200名程の人に届くツイッター。これを活用しない手はない。ネット通信は出来たので、私をフォローしてくれている方に、『拡散希望 帰宅困難な方、仲町台駅周辺、事務所開放します』とつぶやく。
ここから、ネットのすごさを痛感。

あれよあれよという間に、フォロワーさんがリツイートをしてくれた。これが拡散し、広がって救済の一つに。
すごかった、みんな、情報難民、被災地の人を救いたい一身で、何か出来ることと考えたとき、このツイッターやフェイスブックを最大限活用、みんなひとつになり、連帯感が発生し、力になろうと。
給水場所の住所や、行方不明者からの居場所伝達、避難場所位置の情報発信。みんな、見ず知らずの人の力になろうと。困っている人を何とかしたい。助かって!がんばれ!悲痛な願い、思い、叫び。
みんな、日本国中、祈っている。

私も、必死でリツイートし公式#で呼びかけ、不安でいる震災地の方々へこの情報が届きますように。
被害の少なかった、いや、ライフラインが遮断された以外は被害のなかった私でも、精神的な疲れは莫大だった。
実際に震災に遭遇してしまった方々の精神状態は想像すら出来ない。
何が必要で、何をすればいいか、考えても行動すら出来ない自分に苛立ちを覚えました。

                                 (続く)

  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0