FC2ブログ

夢工房のスタッフブログ





愛情 :: 2008/02/05(Tue)

一昨日夜からぎっくり腰気味な 加藤奈央 です。久しぶりのコルセットです。
雪かきはしてないのですが・・・
雪のおかげでいつもはあまり見ない外の景色をずっと眺めていたり、
妙に外で雪だるまをつくりたくなったりと、
いつもとは違う気持ちで一日が過ごせて、良い日だったようにも思います。

今年はうるう年ですね。
また、この季節になると自分が受験生だった頃を思い出し、
電車で逢う学生たちみんなが受験生に見えてしまい、
『頑張れ~』と心のなかで思ったりしています。

さて。お仕事のお話ですが・・・。

雪の前日には 宮前区Y様邸にて、 新築戸建計画が進んでいますが
地盤調査を行いました。
そろそろ計画も大詰めで、解体~着工に向け、進めています。

また、本日は午前中、先日完工致しました中目黒H様へお伺いを
してまいりました。
一番下のまだ1歳のまーちゃんがいつもお出迎えしてくれます。
今日は、大工の柴田さんとクロスの梅田さんが作業をしている横で
すっかり一緒に車やスーパーボールで遊んでしまいました。
まだしゃべれないながらにも一生懸命伝えよう、とする姿は
とってもかわいかったです。最後には、奥様いわく「いくよっ!」と
言いながら、私のほうへ車を走らせていました。
(奥様のお子様への愛情も感じられました。お母さんってすごい。)
奥様からは『寒いでしょうから』と奥様の毛糸の靴下をお借りして、
帰りには『これからも現場で履いてください』と頂いてまいりました。
ありがとうございます!今後とも、宜しくお願い致します。

また、1月末には世田谷区I様が完工致しました。
キッチンと子供部屋の間の壁を取り、LDKとして、
子供部屋を移設。
というご計画でした。

引渡しの日には、お子様はバルコニーでシャボン玉を・・・
それをキッチンから何気なくみていた奥様は
『今までキッチンに居たら、全然遊んでいる姿見れなかったのに、
ここからバルコニーで遊んでいる姿まで見える!』
と喜んでくださいました。

明るくてオープンなキッチンを・・・というご希望の中には
“お子様の姿を常に見ていたい”という
ご夫妻のお子様への強い愛情があったのだと思います。

〔施工前〕
リビングビフォア

〔施工後〕
アフタ03

↓キッチンからの眺め。今までここには壁があって、
キッチンからリビングやバルコニーは見れませんでした。

アフタ01

↓カウンタ造作。カウンタチェアを置いて足が入るようにしています。
ここでお子様が宿題やお手伝いができるでしょう。
カウンタ下収納はキッチンからもリビングからも使えるようになっています。
カウンタ上には電話が置けるだけの空間を取って、浮かして食器棚を設置。
全ての取っ手がお洒落感を出しています。

アフタ02


明るい会話の飛び交う空間になれば嬉しいです。
I様、これからも宜しくお願い致します。


寒い冬も悪くはないですが、
暖かい春も待ち遠しいですね


  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<琺瑯 | top | 節分>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://marutakastaff.blog53.fc2.com/tb.php/413-c43b19dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)