夢工房のスタッフブログ





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

明日から春 :: 2009/02/03(Tue)

八丁堀W.S.のお隣は工事現場
毎日の振動と音になれてきました 加藤奈央 です。
ビル建設現場なので相当な音ですが、でもこういうのを身を持って体験すると
当社の行う工事の際にも、ご近隣の方々はこのような心境に近いのだろう、
気をつけて工事をしなきゃって、改めて思います。

先日の晩白柚1週間飾ったのちに、美味しく頂きました。
中の身はそのまま。廻りの白い皮部分は砂糖漬けに、
一番外側はオレンジピールもどきに。
ばんぺいゆ
昨日みんなで頂きました。

今日はオーデリックさんがいらして演色性のちょっとした実験(?)をしてくださいました。
演色性とは。。。『ランプなどがある物体を照らしたときに
その物体の色の見え方に及ぼす光源の性質のこと』
です。
分かりづらいですね・・・

電球(光源)の種類の違いを数値化して比較できる目安となるものが、
色温度と演色性です。
色温度が高ければ、青みがかった光色(涼しげ、活動的、晴天の日中のイメージ),
低ければ赤みがかった光色(あたたかい、くつろぎ、日没のイメージ)になります。
そこで、色温度の違う電球に変えて、活動的なオフィスやくつろぎの寝室などといった、
ムードをがらりと変えた演出ができます。
演色性とは、ランプで照明されたものの色の見え方のことで、
数値が高いと自然で生き生きとした状態をつくります。


みなさんに馴染みのある感覚としては、『色温度』のほうかな、と思います。
照明器具を選んで頂く際に、『蛍光色』にしますか?『電球色』にしますか?と
ご質問をさせて頂くのですが、電球色があのオレンジ色の光がでて
くつろぐ空間になります。
お勉強をする空間や色が重要な空間では蛍光色を使います。
住宅ではやはり色温度が選定の際には重視されているように思います。

今日やって頂いたのは、演色性の違う照明で
“赤”を照らした際に見え方がどうか・・・でした。
店舗設計などでは、こちらのほうが重要な指標のようです。


今日は節分ですね。明日から暦のうえでは『春』
まだまだ寒いですね・・・でも今年は雪が降らないですね。
毎年この季節になると、スノボへ行きたくてしょうがなくなりますが、
今年は雪も降らないので、『冬っ』という感じがしなくて、
“スノボの季節だ♪”という気分でもないですね。

それにしても、何でまるかぶりなんだろう・・・って思い始め。。。
太い巻き寿司をラッパを吹くようにくわえて
恵方に向かって私語を交えずに丸ごと食べる事により、
1年間良い事あるそうです。巻き寿司を使うのは理由は、
「福を巻き込む」からで、
また、まるごと食べるのは、「縁を切らないために包丁を入れない」という事です。

だそうです。
今日は夜、みんなで豆まきをして、
福をオフィスに入れてから帰りたいと思います。


来週から工事が 日本橋・成城・港南 と始まります
しっかりと準備をして工事を進め、
お客様にも良い春を迎えて頂き、私自身も良い春を迎えたいと思います。

  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
<<今日から・・・ | top | すてきなカーテン>>


comment

はじめまして。

はじめまして。
検索エンジンで調べてたら、
こちらにたどり着きました。

面白いブログですね!
とても参考になりました!

では、また来ます。
  1. 2009/02/24(Tue) 00:46:29 |
  2. URL |
  3. 店舗デザインを研究してます #ZzD21xA2
  4. [ 編集 ]

こちらこそ初めまして

ご覧頂いてありがとうございます。
ぜひまたお越しくださいませ。

また、記載がありましたURLも拝見致しました。
面白そうでした。
今度ゆっくり拝見させて頂きます。

  1. 2009/03/03(Tue) 18:32:50 |
  2. URL |
  3. nk #-
  4. [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2012/07/04(Wed) 00:15:03 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://marutakastaff.blog53.fc2.com/tb.php/576-e1d03b58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。