FC2ブログ

夢工房のスタッフブログ





芸術 :: 2006/06/01(Thu)

近頃話題の“ダ・ヴィンチ・コート”
映画はまだ見ていませんが、色々なところで目にします。
ダ・ヴィンチの絵に隠された謎、興味をそそりますよね。

宗教時には政治、と芸術には複雑に絡み合った背景が
隠されている事が多く、それらを知ることも芸術鑑賞の
一つの楽しみです。
芸術家には個人的に色々複雑な方も多く、それがまた多くの
人々を惹きつける要因となっているのでしょう。
絵はただ見るだけでなく描かれた背景を知ることで
より興味深いものとして受け止めることが出来ますよね。
その背景を想像するのは楽しいものです。
ピカソなどはその時々の恋人によって作風が変わったとか・・・

建築も例外でなくやはり宗教的背景が見え隠れする物も多くあります。
建物に入ってその時代へタイムスリップして空想する・・・
これも楽しいひとときですね。

ところで私の気になる画家はというと、
“サルバドール・ダリ”小さい頃から好きでした。
特に奇妙な構図、不思議な世界に引き込まれていくような・・・
“聖アントニウスの誘惑”“記憶の固執”は中でもお気に入りですね。

ダリといえば今年の9月から来年の1月まで
上野の森美術館で“ダリ回顧展”が開催されるそうです。
これは是非行かねばと思っております。
皆様も是非足を運んでみて下さい

日々時間に追われ過ごしがちですが
絵画のみならず、色々な芸術に触れ感性を磨いて
いきたいと思う今日この頃です。

T.H

  1. おすすめ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

心がけること :: 2006/05/13(Sat)


FSCマークってご存じですか?
私も最近の新聞記事で知りました。
政府が購入する紙や木製品は違法伐採によるものでは無いという証明が必要になるらしく、同様の動きをする企業が増えつつあるとの事。
そこでFSCマーク入りの紙や木製品が注目されているのです。

FSC(森林管理協議会)とはドイツに本部を置く国際機関で
“森林管理のための10原則と基準”に基づき、適正に管理された森林を認証し、その認証された森林の木材を使用して作られた木材加工製品にFSCマークがつけられ、消費者に伝えられるというわけです。

世界の森林は、1年間で日本の国土の約3分の1に当たる面積が消失
しつつあるそうです。主な原因の1つは、違法で無秩序な伐採です。

ここ、横浜の本社オフィスの窓からは森林と見間違うばかりの緑が
広がっています。やはり緑には意味もなく癒される気がします。
そんな緑が世界からどんどん消滅していくのは悲しいことです。

私たち個人にも出来ること、それはいつも“心がけること”では無いでしょうか?
もちろんFSCマークの製品を購入するもよし、リサイクル製品を使うもよし、無駄遣いをしなもよし。
何でもいいのです。いつも“心がけること”で何か貢献出来ているはずです。

森林と言えば私たちの業界も無関心ではいられません。
以前はスクラップ&ビルドの全盛期がありました。
が、今はリデュース・リユース・リサイクルの時代。
そしてリフォームも
仕事の中でも、いつも“心がけること”思い出と共に残すことが
出来る物は再利用する、そんな仕事ができればなぁと思ってます。

我家には母の嫁入道具のサイドボードが存在感を持ってリビングに
居座っています。幾度かの引っ越しを経てちょっと傷んでいるところもありますが、小さい頃の思い出と共に捨てられないんです。
そしてなぜかいつもリビングの一等席に配置してしまうのです。
まだまだ頑張るよって顔してます。

ということで、今日から始めましょう
“心がけること”

T.H
  1. おすすめ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
前のページ